読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カミツルギウォーグル 第1回関東リージョナルベスト4 

amalgame.jp

↑こちらの方がきれいにまとめられているのでこちらを見た方がいいです

 

 

どうもカントナですД(Д・X・)ノ

今回は第1回関東リージョナル(

第1回「関東リージョナル」開催告知|masa|note

)でベスト4に入れたので書きました

最初はあまり詳しくは書かないつもりでしたが、せっかくAMALGAMEの方に載せていただけるということなので書くことにしました。

使用構築↓

f:id:augurosucantona:20161219060506p:plain

 

・はじめに

VGS2016のルールが個人的に全く面白いと思えず、1年以上ほとんどポケモンを触っていなかったので、サンムーンではリハビリのためにレートには割と初期からそこそこ潜り続けていました(レートはいまだに1650~1750あたりをうろついていますがw) その中でみたカミツルギ+ミロカロスという構築にぼこぼこにされ、とても強いと思ったのでこの2匹を軸に考えることにしました。しかし、なかなか結論に至ることができず構築を組めずにいました。そこで、構築の欠点にミロカロスの火力の無さや浮いてるポケモンとの組みにくさがあるのではと思い、そこを変えるべきなのではと考えました。ミロカロスの一番の役割は勝ち気による威嚇ポケモンの牽制なので勝ち気か負けん気のポケモンを探してみました。その中に火力があって浮いているポケモンであるウォーグルを見つけ、これだ!と思い構築を組んでみました。残り4匹はカミツルギをできるだけ生かせるようなポケモンを探し組んでみました(詳しい採用理由は↓に書いてあります)

 

・構築内容

f:id:augurosucantona:20161218135427p:plain

カミツルギ

リーフブレード スマートホーン 聖なる剣 守る

陽気 A252 D4 S252(134-233-151-x-52-177)

ビーストブースト 気合の襷

今回のエース。個人的に環境にかなり刺さっていて使いこなせばかなり強いと思っているポケモン。型は普通の襷AS型。襷持ちでDがほとんどないから受け辛かったので、火力を少し削って耐久に少し回して雪崩とかの受け出しに使えるようにするのもありかもしれないです。

f:id:augurosucantona:20161218135535p:plain

ウォーグル

ブレイブバード 恩返し 馬鹿力 岩雪崩

意地っ張り H252 A204 D4 S44(207-185-95-x-96-106)

負けん気 突撃チョッキ

威嚇を牽制できる浮いてるポケモンとして採用。Hが結構あるためチョッキを持てば強いのではと思い、チョッキで採用。フィールド無しの10万とか晴れ眼鏡噴火とかを耐えられるようになるので普通に強いと思いました(控えめテテフのサイキネZは無理^^;)耐久があって結構居座ることができ、ミロカロスと違って火力も技の威力もあるので、結構相手に負担をかけられていると思いました。ブレイブバード、恩返し、馬鹿力でほとんどのポケモンを見れるので、最後の一枠はなんでもいいと思いました。今回は全体技として岩雪崩を採用してみましたが一応使える場面があったのでよかったです。飛行技の一貫性は相変わらずあるので今後ほかの構築にも使える可能性を感じました。あと、ダウンロードの仕様を知らずDに4振っていましたが、最速ガラガラがS106らしいのでその4をSに回すべきだったと後から知りました^^;

f:id:augurosucantona:20161218135629p:plain

ウインディ

火炎放射 バークアウト 鬼火 守る

臆病 H204 C44 D4 S252(191-x-100-126-101-161)

威嚇 オボン

威嚇枠。最初は電気を受けられてガブに抜群をとられないワルビアルを使用しようと考えていましたが、カミツルギを倒せない問題が発生してしまったのでウインディを使うことにしました。火力がそこまでないので、相手を倒すというよりは相手の厄介なポケモンの火力を下げて味方のポケモンを動かしやすくする方が役割を持てると考えたので、最速でバークアウトや鬼火をできるだけ上から入れられるようにしました。スタンパみたいな相性のいい6体で構成された受け回しをしながら相手を倒していくような構築にはかなり強かったのですが、少しとがったポケモンを入れている構築にはあまり選出できませんでした。今まで使ったことがなかったのでわからなかったのですが、スタンパに対するウインディ+テテフの初手選出はかなり安定していると思いました。

f:id:augurosucantona:20161218135706p:plain

カプ・テテフ

サイコキネシス ムーンフォース 10万ボルト 守る

臆病 H76 B4 C172 D4 S252(155-x-96-172-136-161)

サイコメイカー エスパーZ

フィールド枠。間違いなく今回のMVP。耐久調整はB:威嚇込持ち物無しカミツルギのスマホ、威嚇込ガブリアス地震Z耐え D:フィールド無し臆病珠コケコの10万+臆病ライチュウRの10万耐え。フィールド込サイキネZの火力がえげつなく、半減以外のポケモンはだいたい倒せます。この構築ではカミツルギを生かす構築なので、できるだけZをウインディやガラガラRに入れるようにすることが重要です。ウインディに上からZをあてたかったので最速にしました。現環境テテフは控えめが多いため、ミラーした時に相手がスカーフかどうかが判別できるのもよかったです。耐久調整をしているためガブリアスムーンフォースで落ちないことがあります(7割くらいは落ちます)が、その時はカミツルギのビーストブーストに使えるのでそれはそれでいいと思っていました。この構築での役割は、Z技で炎タイプを落とし、サイキネで割とこちらに刺さってるコケコを落として、あとはある程度削ってカミツルギで倒せる圏内に持っていくようにすることです。

f:id:augurosucantona:20161218135802p:plain

ポリゴン2

冷凍ビーム 毒毒 トリックルーム 自己再生 

控えめ H244 C36 D228(191-x-110-143-144-80)

ダウンロード 進化の輝石

S操作枠。上4匹のSが中途半端なのでS操作要員が必要だと思ったので、追い風こご風電磁波トリルどれにも対応できるトリルが最適だと思い、トリル要員が必要だと考えました。トリル要員としてはポリ2かヤレユータンだと思いましたが、自分で相手を倒せる火力があり回復もできるポリ2の方が強いと考え採用しました。対ポリ2やヤレユータン、トリトドンなどを考えると毒毒自己再生は必須だと思い、技の残り枠が一つしかなかったのでテッカグヤや水タイプに入る10万かガブリアスに入る冷ビで悩みましたが、こちらのトリルアタッカーであるギガイアスの技範囲を考えて冷ビを採用しました。そのため、CはD4振りガブリアスを落とせるところまで振り、残りは相手がポリ2を攻撃してくるとき特殊2匹で殴って来ることはよくあるが、物理2匹で殴ってくることはあまりないと考え、Dに振りました。構築上格闘が重かったのでヤレユータンにしておけばよかったと思うこともありましたが、ポリ2でガブリアスを見てる場面はよくあったので、格闘とガブリアスだったらガブリアスの方が当たる数が多いため、やはりポリ2の方が適していたのかなと思いました。

f:id:augurosucantona:20161218135852p:plain

ギガイアス

岩雪崩 ヘビーボンバー ワイドガード 守る

勇敢 H244 A60 D204(191-179-150-x-126-27)

砂起こし 硬い石

天候枠。カミツルギの襷を霰で潰されるのが嫌だったので天候枠が欲しいと考え採用しました。天候としては最初は雨で考えていましたが、ワルビアルウインディに変更したことで雨との相性が悪くなり砂になりました。砂ならこちらの襷は潰れず相手の襷を潰せる可能性があるのでカミツルギとの相性はいいと思いました。また、Sが遅いためトリルアタッカーになれるのでニョロトノペリッパーではなくギガイアスでよかったと思いました。チョッキではないのでDを振らないとテテフのサイキネZで普通に倒されてしまうのでDにかなり振りその分失った火力を補うために硬い石を持たせました。珠や岩Zではだめなのか?と思うかもしれませんが、珠は耐久を振っているのに自分から削りに行っては意味ないと思い、岩Zにすると素の岩雪崩の火力がなくなりテッカグヤの身代わりを壊せなくなってしまう可能性が出てきてしまうので硬い石が一番いいと考えました。相手のトリルアタッカーを見る役割も持っているため、トリルアタッカーに多い全体技を防げるワイドガードも欲しいと思い採用しました。ギガイアス自体ガブリアスに対して打点を取り辛いのでワイドガードを入れることでガブリアスの前でも地震を防ぐ役割を持てているのもよかったです。技の残り一枠としてストーンエッジ、ヘビーボンバー、地震がありましたがストーンエッジは技範囲が狭くなり、地震だと相手にワイドガード持ちがいたとき何もできなくなってしまうのでヘビーボンバーにしました。ポリ2とのトリル下での制圧力はかなり高かったです。ただ、ハリテヤマだけはめちゃくちゃきつかったですw

 

・回し方

立ち回りとしては、最初テテフ+何かで入ってテテフがサイキネやZで倒していき、残ったところをカミツルギで倒しに行くのが理想的でした。トリルが刺さっていそうな相手ならテテフ+ポリ2やカミツルギ+ポリ2でテテフかカミツルギがやられそうな時や明らかにギガイアスに交代できるときにトリルを貼ってスイッチしていくのも強かったです。構築上Sが速いポケモンがカミツルギしかおらず、そのカミツルギすら抜かれることがあるので、序盤はSの速いポケモンを倒していくことが重要だと思いました。耐久が高いようなポケモン(テッカグヤやポリ2など)はだいたいSが遅いためSがそこそこの速さのポケモンが多いこちらの構築ではだいたい上から殴れるため、あとからいくらでも殴るチャンスはあるので、序盤は殴れる機会があれば殴る程度でむしろその取り巻きを倒していく方を優先していった方がいいです。ただ、もちろん集中で倒せそうなときは狙っていった方がいいです。パッと見テッカグヤを倒せるポケモンが少ないため「テッカグヤ重くない?」と言われましたが、ポリ2以外はテッカグヤの身代わりを割れるダメージを与えられるので、確かに処理は面倒ですが倒せる場面は作れるのでテッカグヤを倒せないような状況を作りださないようにすることが大切だと思います。先発は、ガブコケコテッカグヤを軸にしたスタン構築にはウインディ+テテフ、Wolfeパに対してはテテフウォーグル(後発はカミツルギポリ2)、それ以外にはポリ2+テテフorカミツルギが割と安定するかなと思います。

 

・さいごに

構築ができたのがオフの前日の夜だったのであまり回す時間はありませんでしたが、オフでやった対戦も含め構築的に不利ということはなかったので、だいたいの構築に五分以上の相性をとれる構築にはなっていると思います。1つ欠点を挙げるならトリル構築のハリテヤマの処理だと思いました。

最初にも書いた通り、最近はオフにも参加しておらず、まともに参加したのが2015年の9月末に開かれたカマルオフだったので最初は少し緊張していましたが、やっぱりオフは楽しかったです。アローラダブルは結構面白いと感じているので今後もまた参加していきたいと思います。あと、前々から予選抜けてもあと一歩のところで勝ち切れず、ベスト4止まりだったので、1回は優勝してみたいですw

P.S.3位を譲ってくれたはやと★さん、ありがとうございました